梅雨時期の管理~梅雨の雨に当てていい理由

ほとんどのランは雨期に成長します。 例えば、デンドロビウム(アフィラムなど)ですが、開花が終わり春になって新しいバルブが芽生えます。 日本では、それからしばらくして梅雨に入ります。適度な温度と酸素や微量の栄養素を含んだ雨が降ることで デンドロビウムはすくすくと成長していきます。 もちろんこれはカトレヤなどほかのランでも同じです。 だから梅雨の雨には、どんどん当ててください。 気を…

続きを読む