梅雨時期の管理~梅雨の雨に当てていい理由

ほとんどのランは雨期に成長します。 例えば、デンドロビウム(アフィラムなど)ですが、開花が終わり春になって新しいバルブが芽生えます。 日本では、それからしばらくして梅雨に入ります。適度な温度と酸素や微量の栄養素を含んだ雨が降ることで デンドロビウムはすくすくと成長していきます。 もちろんこれはカトレヤなどほかのランでも同じです。 だから梅雨の雨には、どんどん当ててください。 気を…

続きを読む

オーキッド洋庵 のラン栽培日誌 5月25日

北海道では、今が春でしょうか? 札幌の今日の天気では12℃が予想されていましたね・・・ 一方、沖縄は夏ですね・・・今日は29℃が予想されていました。 もう日本全国的にランにとっては成長期突入です。 この先秋に入るまでの数か月間、大部分の洋ラン、特に着生ランはしっかり栽培管理してあげる ことで素晴らしい花を 咲かせてくれますので、しっかり水をかけて、適度な太陽光に当て、風を通してあげ、 …

続きを読む

平成30年5月12日 屋外栽培準備

オーキッド洋庵のページに戻る 平成30年5月12日 そろそろ夜温が15℃以上になってきたので、屋外栽培の準備をしました。 オーキッド洋庵ではカトレヤ、デンドロビウム、フウラン等を春から晩秋にかけて庭で屋外栽培します。 今日はそのための作業で、支柱設置と遮光ネット展張がメインの作業でした。 完成後の状況は写真のとおりです。 支柱は農業用ガルバリウム鋼管という 直径 …

続きを読む